墓石の値段の疑問解決

スポンサードリンク

墓石選びはやっかいなもの。どの業者を選べばいいのか?値段は適正なのか?墓石以外にも必要なお金はいるのか?そんな墓石の値段にまつわる役立つ情報を集めました。

墓石の値段とは?

墓石の値段は大まかに3つの要素から決まります。

ひとつは石の種類、次に石の量、そして加工費です。

ちなみに、国内の墓石はほとんどが花崗岩、いわゆる御影石が使われています。
最近は大理石を使う人も増えています。
また、色もグレーだけではなく、赤や緑、ピンクなどの石も用いられています。

次に石の量ですが、これは重量と石の数によって値段が決まります。
量が多いと当然価格は高くなります。

加工費は石を削ったり磨いたりするときにかかるものです。
これは業者によって異なりますので、いくつかの業者を比較することをお薦めします。

だいたいの相場はお墓の区画面積1平方メートル当たり70〜100万円くらいを考えておけばいいでしょう。

スポンサードリンク

墓石のオーダーメイドの値段

墓石の値段は最近はパック制を取る業者も増えていて、安心価格を前面に押し出す売り方をするところもあります。

しかし、その一方で墓石をオーダーメイドで作りたいという人もいます。
そんな場合はどこにどれだけの費用がかかるのかについて簡単に説明したいと思います。

たとえば文字彫り。金箔文字などは別途料金が必要となります。
また、地震に備えて免震構造にする場合も特別料金となります。
他にも、家紋を入れる時も費用が発生します。

おおよその目安は100〜200万円と考えておいて下さい。

墓石の形やデザインからオーダーメイドにしたいという場合は別途見積もりが必要になります。その場合は業者に自分の作りたいお墓の写真などを見せて具体的なイメージを伝えましょう。

完全オーダーメイドの場合はいくつかの業者から見積もりを取って、必ず値段を比較しましょう。

良い墓石業者の見つけ方

墓石業者を選ぶときの一番のポイントで、地域に密着した所を探すことです。
お墓というのは、長く使うものなので、補修などが必要になる場合があります。

そういったときは霊園の近くの墓石業者の方が何かと便利です。

民営の霊園に行くと、入り口のぞばに石材店が並んでいるのを見かけたことがある人も多いと思います。
これらの石材店は霊園の指定業者になっているケースが少なくありません。

この場合、墓地と墓石をセットにして販売していることもあります。
セット販売である分、費用が安くて済むこともあります。

墓石のメンテナンス

お墓というのは雨風にさらされるため、長い時間が経つと、どうしても汚れが目立ってきます。簡単な汚れなら自分でもできますが、なかなか落ちない汚れもでてきます。
無理にブラシなどでこすると、墓石を傷つけることもあるので注意が必要です。

そういった場合は、墓石業者にクリーニングを依頼するといいでしょう。
これらの専門業者なら汚れを落とすだけでなく、つや出しなどもやってくれ、お墓がピカピカに生まれ変わります。

お墓はいつ建てればいい?

お墓を建てる時期というのは意外と悩むものです。
最近は生前に墓地を確保する人も増えているようですが、実際にはなかなか準備をしている人は多くはありません。

お墓はあせって建てる必要はありません。

一般的には一周忌までに建てればいいと言われていますが、三回忌や七回忌でもかまいませんし、お盆やお彼岸の時期に合わせて建ててもかまいません。

お墓を建てる時期については、あまり神経質にならず、じっくりと時間をかけて建てた方があとあとのためにはいいです。

お墓との付き合いは長くなるので、最善の選択をすることが重要です。


墓石に関する最新ニュース