自動車ローン審査の疑問解決

スポンサードリンク

自動車ローンの審査に通る人、通らない人の基準から審査を通すための方法まで、マイカー購入を考えている人のために役立つ情報を集めました。

自動車ローンの審査とは?

自動車ローンを借りる場合、いくつかの方法があります。

ひとつは銀行ローン。
これはマイカーの購入資金を借り入れるもので、金利が安いのが売りですが、審査が厳しいのが難点です。
サラリーマンならある程度の勤務年数が必要です。
給与の振り込みが同じ銀行グループであれば審査に通りやすくなる場合もあるようです。

そして、代表的なのが、販売店の自動車ローン。

これは販売店の系列ローン会社からお金を借りて購入資金に充てるもの。
銀行に比べ、審査基準が緩いのがメリットですが、金利は少々高めです。

また、ローンを完済するまでは車の所有権は自分のものにはなりません。

もうひとつの方法は信販系ファイナンスによる自動車ローン。

信販会社から融資を受けるという方法で、オリックスやニコス、オリエントファイナンスなどがよく知られています。

審査基準については銀行や販売店に比べ、信販ファイナンス系は緩めで、車の所有権も自分のものになるという利点があります。

スポンサードリンク

自動車ローンの審査基準とは?

自動車ローンを申し込んだ場合の審査基準は以下のようなものです。

・毎月の収入はいくらあるか?
・勤続年数は何年か?
・年齢はいくつか?
・他社のローン借入状況はどうか?
・過去のローン返済実績に問題はないか?

上記の5つの点をチェックして、審査します。

なかでも、他社の借り入れ、過去の返済実績は審査の重要な基準となり、これに問題がある人は審査に落ちることが多いようです。

自動車ローン審査に落ちてしまったら?

いざ自動車ローンを申し込んだのに、審査に落ちたという人はどうすればいいのでしょうか?

どうしても借りたいという場合は、複数のローンに申し込んでみることです。
1件断れたからといって、他も全て断られるという訳ではありません。

銀行でも店によって審査基準が厳しいところや緩いところもあり、ひとつの銀行で断られたのに別の銀行で借りられたという例は少なくないようです。
また、地元の信用金庫や農協なども意外と穴場でオススメです。

信販会社の場合は各社で審査基準がかなり違ったりすることがあるようです。
信販系で自動車ローンを販売している会社は非常に多いので、まとめて審査を受けるという手もあります。

いずれにしろ、信用状況が極端に悪い人は審査に通らないことだけは知っておいて下さい。

自動車ローンの金利は?

自動車ローンの金利は安いところは年利2%台から上は18%というところまであります。

金利が安いところが審査が厳しいと思いがちですが、必ずしもそうではありません。
一般的に低金利と言われる銀行でも5〜12%くらい取るところもあります。
逆に、高いと思いがちの信販系の会社の中には2%台のところもあるのです。

また、ある程度車種が限定されますが、ディーラーが車を売るために期間限定の低金利キャンペーンを組んでいる場合があります。
これは結構オススメなのでチェックしてみるといいでしょう。

ちなみに、融資限度額は300万円というところが一番多いようです。
なかには、500万円というところもあります。

中古車販売店の自動車ローンも意外に狙い目!

自動車ローンを借りるのは銀行や信販会社というイメージがありますが、実は最近中古車販売会社もローンに力を入れています。
しかも、対象は中古車ではなく、新車です。

これらの中古車販売店のローンは審査の基準が意外に甘いと言われていて、狙い目かも知れません。
また、中古車販売店の中には半分返しローンというシステムをとっているところも増えています。
これは新車価格の半分だけを支払い、3年後に買い取ってもらい、ローンを精算するというもので、車をよく乗り換える人には人気になっているようです。


新車に関する最新ニュース