いぼの原因と治療

スポンサードリンク

手足や顔にできるイボは悩みのタネ。そんないぼの原因から皮膚科での治療法まで、役立つ情報を紹介します。

いぼの原因〜イボはなぜできる?

一口にイボと言っても、いくつかの種類があります。

代表的なのはウイルス感染によるもので、子供の手足にできるいぼはこれに当たります。

水いぼも子供によくできるイボです。
これは免疫力が弱いのが原因で、ウイルス感染が原因です。

夏場のプールなどで感染することが多く、水いぼの子供同士の接触で感染することも多いようです。また、タオルや傷口からの感染例も数多く報告されています。

一方、大人で多いのが、中年イボ(スキンタッグ)と年寄りいぼ(老人性疣贅)です。
これらもウイルス感染が原因と考えられています。

スポンサードリンク

いぼの治療

いぼの治療でよく行われるのが、薬剤の塗布です。
「イボコロリ」は代表的で、薬局などで簡単に購入できます。

また、皮膚科での治療の場合はいくつかの選択肢があります。

ひとつは内服薬によるいぼ治療。
ヨクイニンという薬が一般的に用いられるようです。

続いては、ブレオマイシンを注射する方法。ブレオマイシンは抗がん剤の一種で、治療効果はなかなか高いようです。

最も効果が高いとされるのは、液体窒素による治療です。いぼを冷凍凝固させる訳です。
100%確実に治すのにはこの方法が最も簡単で一般的です。

イボとウオノメはどこが違う?

イボとウオノメは意外と区別がつかないことがあります。
ウオノメは足の裏や足の指などにできる皮膚病の一種で、イボと違い痛みを伴います。
また、中心にサカナの目のような芯ができるのもウオノメの特徴です。

イボはウイルス感染によってできることが多いのに対し、ウオノメは何らかの原因で皮膚の特定の部分の角質が芯のようになって起こります。

小さいイボはウオノメと間違えやすいので、注意して下さい。

イボが皮膚ガンになることはある?

皮膚ガンは特定のウイルス感染でできたイボが原因という説があるようです。
そのため、余計な心配や不安を抱く人もいるかもしれません。

しかし、普通のイボがガンになることはまずないと言われています。
ただし、イボの中には悪性の腫瘍であることもまれにあります。

自分で勝手に判断しないで、皮膚科の診断を受けることも時には必要です。

レーザーを使ったイボ治療

最近、いぼの治療でレーザーを使うところが増えています。
レーザー治療は簡単で痛みもほとんどなく、安全性も高いと言われています。

レーザー治療は老人性いぼなどの良性腫瘍に有効だと言われています。
ただし、難点もあります。
レーザーは1回の治療では完全に除去できない場合があることです。
また、再発する可能性もあるので注意が必要です。

体質によって異なりますが、レーザー治療後に色素沈着することもあるようです。
その場合は別途治療が必要となります。


美容に関する最新ニュース