管理栄養士の資格取得

スポンサードリンク

管理栄養士について知りたいという人のために仕事の内容から資格取得のための勉強法までを紹介します。

管理栄養士とは?

栄養士は給食の献立などを作る仕事です。職場は学校、病院、社会福祉施設、会社など幅広く、仕事のニーズも高まる一方です。

最近は生活習慣病や高齢化社会などの影響あり、特に管理栄養士は栄養指導など社会的に重要性が高まっています。

また、マスコミにも仕事の幅は広がっており、フードコーディネーターとしてテレビや雑誌で働く人も増えています。

管理栄養士は栄養士の国家資格ですが、合格率は20%から30%と難関です。

2008年の4月から健診制度が改正され、メタボリックシンドロームの基準が盛り込まれた特定検診、特定保健指導が実施されるようになりました。
この新しい健診制度で保健指導を行うのが管理栄養士です。
そういう意味でも専門知識と技術の向上のための努力を惜しまない姿勢が求められます。

スポンサードリンク

栄養士の資格試験

管理栄養士制度は平成14年4月の改正にともない、国家試験の内容は大きく変わりました。

受験資格では栄養士としての実務経験が重視されるようになり、4年制の栄養士養成施設卒業者にも一年の実務経験が必要になっています。
また2年制、3年制の栄養士養成施設卒業者の実務経験年数は一年ずつ引き伸ばされています。

試験は9科目の他に応用力試験も導入されています。
そのため、複数科目にまたがった、観察力、判断力、予測力が要求される問題も増えています。

また、試験問題数も、150問から200問と大幅に増えています。
各科目で60%以上の正解が求められるため、短時間で正確に解く能力が必要となります。

管理栄養士の国家試験に合格するためには、かなりの努力が求められることを心にとめておいてください。

管理栄養士の試験科目

「公衆栄養学」
食教育や食行動、食の安全性や国際化の問題を通じて、人々が地域や職場において、自主的に健康をコントロールし、栄養改善を行うための支援を行うことを目的とする学問です。

「栄養教育論」
健康や栄養状態、食環境や食行動などに関わる情報の収集と分析から、総合的な評価や判定の方法を学びます。

「応用栄養学」
栄養素が健康状態にあたえる影響について基本的な考え方を学び、健康増進や疾病予防に役立てることを目的としています。

その他、「基礎栄養学「食べ物と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「社会・環境と健康」などの試験科目があります。

これだけみても管理栄養士が高度な知識を求められることがわかると思います。

管理栄養士は専門学校で学ぶ

管理栄養士の資格を取得するためには栄養士養成課程や管理栄養士養成課程のある大学や専門学校で学ぶ必要があります。

専門学校は大学に比べ、専門知識や専門技術を身につけることを目的としているため、施設や設備が整えられた充実した環境で学ぶことができます。

また、カリキュラムも国家資格取得を目的に組まれている点も有利です。
さらに、卒業後の進路のサポートなども充実しています。多くの専門学校では少人数制で、疑問点や悩みなどを解消しやすい環境にあります。

これらのことから少しでも早く栄養士として現場で仕事をしたい人には専門学校が適しているといってもいいでしょう。

管理栄養士合格者の勉強時間

管理栄養士の資格を取るにはどれくらいの勉強が必要なのでしょうか?

国家試験の合格者の調査では、試験日の6ヶ月前から準備を始めた人が最も多く、次に3ヶ月前から始めたという人です。
もちろん、1年前やそれ以前から準備を始めている人もいます。

試験日までの総勉強時間数の調査でもっとも多かったのが300時間以上。
次に200時間から300時間。以下、150時間から200時間、150時間未満の順となっています。

栄養士としての仕事をしながら、管理栄養士の勉強時間を確保することはとても難しく、いかに勉強時間を確保するかが重要と言えそうです。


栄養士に関する最新ニュース