肩関節の痛みの情報

スポンサードリンク

肩関節の痛みはつらいもの。五十肩などが悪化すると夜も眠れないことがあります。
そんな肩の関節痛の症状、原因、治療、予防法などを紹介します。

肩関節の痛みとは?

ある日突然、肩が上がらなくなる五十肩というのは聞いたことがあると思います。
五十肩は肩関節の周囲の炎症で起こります。こうした肩関節の痛みは肩こりとは違い、肩を上げたり下げたりすると、激しい痛みを伴います。
五十肩というと、年齢独特の症状と考えがちですが、最近は若い人にも肩関節の痛みを発することがあるようです。
肩関節痛の痛みは骨の老化と言われていますが、本当の原因はよくわかっていません。
五十肩以外の肩関節の痛みは大半が外傷によるものです。

スポンサードリンク

肩関節の痛みの症状

肩関節の痛みは、大きくは急性のものと慢性のものに分けられます。
急性の場合は大半が外傷ですから、外因的な骨の損傷、じん帯や筋肉の異常が考えられます。
こういう場合はまずは病院で検査を行えば、詳しい原因を突き止められます。

一方、五十肩は、診断不能な場合が多く、その症状も人によって異なります。

肩関節の痛みの原因

肩関節痛の痛みの原因は外傷の場合は比較的簡単に突き止めることができます。
病院で診断を受ければ、的確な治療が受けられます。

一方、慢性的な肩関節の痛みはいわゆる五十肩が該当します。
骨の老化や筋肉、じん帯の異常はより詳しいメディカルチェックが必要となります。

肩関節の痛みは過去の脱臼やケガの後遺症が原因の場合もあります。
また、神経痛が原因のこともあります。頚椎の異常や筋肉による神経の圧迫なども肩関節の痛みの原因ともなります。

肩関節の痛みの治療

肩関節痛の治療は、原因によって違います。
外傷による場合は患部のアイシングや湿布などを行います。
骨折や脱臼はギプスによる固定や重傷の場合は手術をします。

一方、五十肩などの慢性の肩関節痛は、まずは局所の安静です。
次に、非ステロイド消炎鎮痛剤、湿布なども良く行われます。
痛みが激しい場合はステロイド・ヒアルロン製剤の注射などの薬物療法がとられます。
その他、運動などの理学療法も効果があるとされています。

筋肉のストレッチやエクササイズで強化するという方法がとられることがあります等が行われます。しかし、ほとんどの方が困っておられるのは、いわゆる五十肩です。この五十肩の治療は、時期をよく把握する事と鎖骨の治療を上手に行う事、姿勢の矯正を上手に行う事で、ほとんどが早期に回復します。

肩関節の痛みの予防

五十肩はひどくなると、就寝中も痛みで目が覚めることもあります。

五十肩の予防はどうすればいいのでしょうか?

効果的な予防は姿勢を良くする事です。

寝転びながらテレビを見たり、本を読んだりする方は多いと思いますが、実はこうした姿勢は肩に負担をかけているのです。

日頃の生活で正しい姿勢を心がけるだけでも五十肩の予防になります。

姿勢の悪さが肩に負担をかけているのです。

そして、予防に効果的なのが肩の血行をよくすることです。

お風呂にゆっくりつかり、肩を十分に温める、さらに軽く肩を回すなど運動も血行を良くし、肩関節痛の予防になります。


肩関節に関する最新ニュース