高齢者体操のノウハウ

スポンサードリンク

高齢者の体操は健康の第一歩。運動不足になりがちな高齢者のために若さを保ち、健康を増進させる体操の方法を紹介します。

高齢者の体操とは?

高齢者の体操の基本は日常の動作の延長線で行うことです。

たとえば、歩行が困難な人は座ったままできる体操。
横になることが多い人は寝たままでもできる体操。

決して無理な動作は行わないこと。
呼吸も自然にできる動きがポイントです。

スポンサードリンク

高齢者の体操の目的

高齢者の体操の目的は足腰やお腹などの筋力アップです。
年を取ると、転びやすくなりますが、そうした転倒を防止し、歩く力を高めるのです。

歩行力がアップすると、内臓などにも好影響を与え、食欲増進になります。
結果的に健康になるということです。

また、体操や歩行は脳を活性化する効果もあるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

脳を鍛える高齢者の体操

脳の動きと手の動きはとても密接な関係があります。

年を取ると、指の動きが鈍くなります。そこで、オススメなのが指の体操です。

指の屈伸運動を10〜20回繰り返すだけでも効果があります。
また両手を合わせて、片手ずつ指を反らせるというのをいいでしょう。

テレビを観ているときなども、常に指を動かすクセをつけると、脳の活性化になります。
また、足の指も意識的に動かすといいでしょう。

肩こりを防止する高齢者体操

肩が凝ると、マッサージ器や湿布薬に頼りがちですが、これは対症療法にすぎません。

肩こりは肩の筋力を鍛えるだけでもずいぶん良くなります。
肩の体操は3つの動作が基本です。

ひとつはゆっくりと腕を上下に動かす運動。
ふたつめは肩をゆっくり回す運動。
みっつめは肩を左右に広げる運動。

これらを日常的に繰り返すことで肩こりはかなり解消されるはずです。

腰痛に効く高齢者体操

ゆっくりと寝転がり、呼吸を整え、片足ずつ両手でも持って、上に上げる。
これを繰り返すだけでも効果があります。
ただし、絶対に無理はしないで下さい。

また、歩くとき、少し歩幅を広めにして歩くだけでも、腰痛に効果があります。
そして、慣れてきたら少しずつ大股歩きにする。

日常生活の中で、こうした動作を心がけるだけで、腰痛は改善されるはずです。


高齢者の体操に関する最新ニュース