レーシック医療保険の疑問解決

スポンサードリンク

レーシックは近視治療として近年脚光を浴びています。しかし、依然、レーシック手術に不安を抱く人は多いもの。そこで、レーシックと医療保険について役に立つ情報をまとめました。

レーシック手術の医療保険とは?

レーシック手術は自由診療なので健康保険は使えません。このため、レーシックの手術費用は全額自己負担となります。
では、医療保険の手術給付金は適用されるのでしょうか?

答えはイエスです。

もちろん、加入している保険会社や契約内容によって異なりますが、手術の際の給付金を支払うという保険会社は少なくありません。

その場合の費用はおおよそ3〜10万円程度のようです。

ただし、保険会社の中には「近視・乱視の治療目的のものを除く」と約款でうたっているところもあるようです。

まずは加入している保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

レーシック手術と医療保険のタブー

レーシック手術で医療保険会社から手術給付金が受けられるというと、次のようなことを考える人もいると思います。

手術を受ける前に保険に加入して、手術後に解約すればいいや。

待って下さい。これは重大な契約違反です。
手術の予定がある人は原則として保険には加入できないからです。

また、保険の大原則として、責任開始日前にすでに生じている疾病などは対象になりません。

仮にこっそり黙ってやったとしても、短期間の補家加入の場合はあとで調査が入る可能性があるので要注意です。

くれぐれもこうした行為は行わないようにして下さい。

レーシック手術後の眼の治療は医療保険の対象になる?

レーシック手術を受ける際、気になるのが失敗したときのことです。
もし手術後に眼に何らかの異常が出て、治療行為を受けたときは医療保険の対象になるのでしょうか?

そんな疑問を抱く人は少なくないはずです。

答えはイエスともノーとも言えません。

レーシック手術後に生じた眼の疾患はレーシックとの因果関係を立証するのが困難だからです。

いずれにしろ、告知義務の問題もありますから、保険会社に問い合わせて、きちんと説明を受けることをオススメします。

レーシック手術で医療費控除は受けられる?

レーシック手術は健康保険は使えませんが、医療費控除の対象として認められることもあるようです。

医療費控除は年間で10万円を超える費用がかかった場合、確定申告すれば、税金が還付されるというものです。
もちろん、レーシック手術だけでなく、他の治療費も合わせた額で大丈夫です。

ただし、医療費が10万円を超えたからといって、全額そのまま戻ってくるわけではありません。
その人の所得などにより、還付額は異なりますので注意して下さい。

還付請求を行う際は医療機関の領収書を提出する必要があります。

あと重要なのは、すでに手術を受けた人でも申告可能であること。
医療費控除の申請は過去5年にさかのぼって申告できますので、すでに多額の医療費を支払ってしまった人でも今から還付請求をしましょう。

請求時期は確定申告の時期とは違い、いつでもできますので、最寄りの税務署に問い合わせてみるといいでしょう。

レーシック手術で再び視力が落ちた場合は?

レーシック手術を受け、視力を回復した場合でも何年か後に再び視力が落ちるということも考えられます。

この場合は再手術を受けるという選択肢があります。

では、この再手術の費用はどうなるのか?

医療保険会社に再度請求したとしても、給付を受けられる可能性は低いと考えておいた方がいいでしょう。これも各保険会社によって異なりますので、あらかじめ聞いておくといいでしょう。

尚、レーシック手術を行う病院の中には、保証をうたっているところもあり、視力が再び低下した場合、再手術を無料で行ってくれるところもあるようです。

これについては医療機関に問い合わせるといいでしょう。


レーシックに関する最新ニュース