妊娠食べ物の疑問

スポンサードリンク

妊娠中の食べ物や飲み物で注意すべきこと、妊娠中に身体にいい食べ物、妊娠中食べてはいけない物、そして妊娠しやすい食べ物など、妊娠と食事に関する役に立つ情報を紹介します。

妊娠中の食べ物とは?

妊婦の食事は胎児との密接な関係があります。
母体の栄養不足は胎児の発育に重要な影響をもたらすので、要注意です。

妊娠中の食べ物の基本は、刺激の少ないより自然な食品を摂ることが大前提です。

そして味付けも塩分を控えめにして、味の濃い物はできるだけ避ける。
コーヒーやコーラなどの刺激物はできるだけ摂らない。煙草はもってのほかです。

次に大事なのは、栄養のバランスのとれた食事を心がけることです。
当然ですが、妊娠中のダイエットは厳禁です。

ただ、あまり神経質なりすぎるのも身体に良くありません。
精神的なゆとりも胎児の発育には大切ですから、イライラせず、心穏やかな生活を送ることに気を配って下さい。
食事も然り。ゆったりと楽しむ姿勢がとても重要です。

スポンサードリンク

妊娠中に食べるといい物

低脂肪で薄味のバランスの良い食事を心がけることです。
塩分の濃い物は要注意です。妊娠中毒症の原因になりかねないからです。

特に、鉄分はしっかりと摂りましょう。鉄分はビタミンCと一緒に摂ると、吸収されやすいので、覚えておいて下さい。

野菜類ではカボチャ、ゴボウ、ニンニクなど。これらには抗菌や免疫効果があります。
また、食物繊維が多く含まれた緑黄色野菜も必ず摂りましょう。妊娠中の便秘はよくありません。お通じのいいメニューを心がけて下さい。

穀物では玄米がオススメです。また、乳製品ならチーズもいいです。

肉は豚肉がオススメ、魚はイカや鮭などがいいですが、必ず火を通して食しましょう。

飲み物については、緑茶より麦茶、ウーロン茶がオススメです。

妊娠中に食べてはいけない物

まず妊娠中に絶対避けたいのは喫煙とアルコールです。
これだけは最低限守ってください。

次に注意しなければならないのは卵や牛乳です。
卵や牛乳は胎児の発達に必要な栄養素が含まれていますが、妊娠中の摂取には注意が必要です。特に、妊娠後期の臨月に近いときは控えましょう。
卵や牛乳を過剰に摂取すると、生まれた子供にアレルギーが出る可能性があるからです。

妊娠初期のビタミンAの過剰な摂取も避けて下さい。ビタミンAの過剰摂取は胎児の器官形成に異常をきたすと言われているので、要注意です。

生魚や生肉もできるだけ摂らないようにしましょう。妊娠中は免疫力が低下しているため食中毒になりやすいので、気をつけて下さい。

また、豆乳は妊娠初期の飲みすぎはよくないとされています。
コーヒーは良くないと言われますが、飲み過ぎなければあまり神経質になる必要はないでしょう。

妊娠しやすい食べ物とは?

不妊に悩む人にとって、妊娠しやすい身体を作ることはとても重要です。

妊娠しやすい身体を作るために日頃からできるのが食事です。

そこで、不妊体質を改善するために効果があると言われる食品を紹介しましょう。

●穀物

山芋、里芋→いずれも亜鉛が豊富で、精子を増やすのにいいと言われています。男性にオススメ。
玄米→ビタミンやミネラルが豊富で、体質改善にも効果があります。

●肉、魚

豚肉→肉は牛肉より豚肉がオススメ。疲労回復やスタミナアップに最適です。
海藻、かき→海藻はカルシウムが豊富で精子の働きを良くする効果があります。かきは精子を増やす亜鉛をたっぷり含んでいます。
カレイ→人間の生殖に欠かせないと言われるセレン(ミネラルの一種)を含んでいます。

●野菜・果物

トマト→抗酸化作用があり、男性の生殖能力に関係があると言われるリコピンを含んでいます。
アボガド→生殖に欠かせないビタミンEが豊富です。

●その他

アーモンドやピーナッツなどのナッツ類もいいようです。
また、飲用には緑茶がいいと言われています。

妊娠時の食生活の注意点

妊娠もつわりが収まり、安定期に入ると食欲が湧くようになります。
お腹の子供のことを考えると、しっかり栄養を摂らなきゃと思うあまり、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

また、妊娠期は太るのは当たり前なので、体重管理もおざなりになってしまいます。

昔から太りすぎると、難産になると言われますから、食事のメニューには気を遣い、体重が増えすぎないようにしましょう。

よく妊娠中は10kgくらいまで体重が増えても平気と言われますが、体格によって異なります。
実際は5〜12sくらいまでの幅があります。
自分の身長と体重のバランスを考えて、理想の妊婦体重になるよう心がけて下さい。


妊娠に関する最新ニュース