プロダクトデザイナーの疑問解決

スポンサードリンク

プロダクトデザイナーに興味があるけど、どんな仕事かよくわからない。どうすればなれるの?収入はいいの?そんなプロダクトデザイナーに関する疑問を解消します。

プロダクトデザイナーとは?

プロダクトデザイナーとは、直訳すれば、製品のデザインを行う人のこと。
工業デザイナーとも呼ばれます。

しかし、最近の商品の多様化で、単なる製品デザインだけでなく、グラフィックデザインやファッションデザインのセンスも要求されるようになっています。

携帯電話やパソコンなどのデザインワークもプロダクトデザイナーによるものが大半で、大ヒット商品を生み出すこともしばしばです。

有名になれば、高額な収入を得ることもでき、最近の若者の間では憧れの職業となっています。

スポンサードリンク

プロダクトデザイナーになる方法

プロダクトデザイナーになるためには専門の勉強が必要です。

大学の工業デザイン科などで学ぶというのが一般的です。
最近は専門学校の中にもプロダクトデザイン科を設けているところもあるので、プロダクトデザイナーを目指す人はより専門的に学ぶことができます。

これらの専門学校では、その人の適正に合わせた分野のプロダクトデザインが学べるよう、きめ細かなサポートをしているところも多く、就職のバックアップ体制も整っています。

また、より深く学びたい人のために専門の大学への編入試験を受けられるように指導しているところもあります。

授業時間も生徒に合わせて様々なコースがあり、2年制から4年制、さらに夜間コースもあり、プロダクトデザイナーを目指す人にとって学びやすい環境が整備されています。

いくつかの学校の資料を請求して、比較検討してみるといいでしょう?

プロダクトデザイナーの年収

プロダクトデザイナーは主に3つのタイプに分かれます。

代表的なのはメーカーなどに就職するケース。
この場合、収入はメーカーの社員に準ずる給与が支払われることになります。

そして、プロダクトデザイン事務所に就職するケース。
これは働きながら学ぶという徒弟制度的な色合いが強く、収入的には多くを望めません。
ただし、メリットもたくさんあります。

有名なプロダクトデザイナーの事務所で働くことで、高い技術を学べることや様々な仕事のチャンスを得られるからです。

そして、3つめはフリーとして独立するケース。
収入は最も高く、最低でも年収1千万円。中堅で2〜3千万円。
有名なプロダクトデザイナーになれば億の年収を稼ぐ人もいます。

プロダクトデザイナーとしてのキャリアアップ

最近はプロダクトデザイナーに対するニーズが非常に増えています。

求人専門会社でも募集がかなり多く、仕事もバラエティに富んでいます。
プロダクトデザインは個性が要求されるだけで、商品知識も問われます。
そのため、プロダクトデザイナーとして得意な分野を選ぶことが将来の飛躍に大きく影響するものです。

実際、プロダクトデザイナーは転職を重ね、キャリアアップしていくことが半ば常識のようになっているので、仕事への情熱が成功を得る鍵となるのです。

世界的なプロダクトデザイナー喜多俊之さんとは?

プロダクトデザイン界の超有名人と言えば、喜多俊之さんでしょう。

若くしてデザインの本場イタリアで学び、数々の国際的な賞を受賞している大御所です。
日本ではシャープの液晶アクオスの産みの親としても知られています。

また、日本の伝統工芸品の制作も手がけるなどマルチな才能を発揮しています。

喜多俊之さんのインタビューがインターネットなどでいくつも紹介されていますので、プロダクトデザイナーを目指す人はぜひ目を通しておくことをおすすめします。


プロダクトデザインに関する最新ニュース