乱視矯正の疑問解決

スポンサードリンク

乱視を矯正したい!そんな悩みを抱える人のために正しいレンズの選び方からレーシックなどの手術まで、役に立つ情報を紹介します。

乱視は何故起こる?

乱視は角膜の変形が原因で起こります。

通常、角膜は球形で、入ってくる光を一点に集めることで、ものがはっきりと見えるのです。
ところが、乱視の場合、角膜が楕円形になっているため、光を一点に集めることができません。そのため、屈折異常が起こり、ものが乱れて見えるのです。

乱視をほっておくと、目を酷使することになり、眼精疲労を起こします。
逆に目が疲れやすいなどの症状が現れたら、これは乱視のサインの場合があります。

その場合は眼科などで詳しい検査を受けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

乱視はどうやって矯正する?

乱視を矯正するには光を一点に集めるために角膜の屈折を調整します。
そのために乱視用のレンズを使って矯正します。

乱視の矯正というと、メガネというイメージがありますが、最近は乱視矯正用のコンタクトレンズも登場しています。
また、コンタクトレンズはハードやソフト、さらに使い捨てレンズもあるので、自分にあったものが選べるようになっています。

乱視矯正用レンズの選び方

乱視を矯正する場合、その人の症状によって対処法が異なります。
たとえば、近視で乱視の人と遠視で乱視の人とでは処方されるレンズは当然違ってきます。

また、乱視矯正用のコンタクトレンズにはハードとソフトがありますが、経済面を考慮すると、ハードコンタクトがオススメです。
しかし、ハードコンタクトレンズが目に合わないという人もいますので、その場合はソフトコンタクトレンズを選ぶことになります。

乱視矯正用コンタクトレンズの注意点

乱視矯正にコンタクトレンズを使う場合はハードとソフトのどちらがいいのか?

どちらでもいいというなら、ハードコンタクトレンズを選んだ方がいいでしょう。
というのは、ソフトコンタクトレンズは柔らかいため目の中で動くことがあるからです。
その結果、期待するほど視力を回復できない場合があります。

また、ソフトコンタクトレンズは目が乾燥しやすいという短所があります。
しかし、最近は保湿性、透過性にすぐれた使い捨てレンズも出ているので、眼科医に相談して自分に合うものを選びましょう。

乱視矯正のレーザー手術

近視治療で最近レーシックなどのレーザー手術が注目されていますが、こうしたレーザー手術は乱視矯正の目的でも行われています。

レーシック手術は失敗例も報告されているので、病院選びは慎重に行うことがとても重要です。手術の症例数が多く、安全性が高い病院を探しましょう。


メガネに関する最新ニュース