ラップ口座の疑問解決

スポンサードリンク

今投資家の間で注目されているラップ口座。安全性や運用実績など、ラップ口座について知りたいという人のために役立つ情報を紹介します。

ラップ口座とは?

ラップ口座とは、証券会社が投資家に対し、資金の管理や運用、投資のアドバイスを行い、その結果、口座に残った運用資金の何パーセントかを受け取るというものです。

株などのように売買ごとの手数料は発生しないのが特徴です。

サービス全体を包み込むような形で資産管理を行うため、ラップ口座と呼ばれます。

スポンサードリンク

ラップ口座のメリット

従来の株式投資などの運用では、証券マンが手数料稼ぎのために頻繁に売買を持ちかけるということがありました。
これが結果的に投資家の損失を膨らませるケースも多々起きていました。

しかし、ラップ口座は証券会社が提供するサービス全体で手数料を投資家が支払うという形なので、上記のような弊害はなくなると言われています。

ちなみに、証券会社に支払う手数料の料率は一定で、投資家の資産が増えれば、手数料も多く払うというスタイルになります。

ラップ口座を開設するには、最低でも数百万単位の資金が必要です。

ラップ口座のデメリット

ラップ口座は株のように売買ごとの手数料は発生しないかわりに一定の手数料を支払わなければなりません。

ちなみに、各証券会社の手数料はあまり公にはされていないようですが、おおまかに2%前後だと考えておくといいでしょう。

しかし、この手数料は高いと指摘する金融専門家もいるようです。

仮に自分でインデックスファンドなどを運用すれば、手数料は1%以下で済みます。

このため、ラップ口座は資金運用を考えているリッチな中高年から手数料を荒稼ぎする商売と揶揄する人もいるようです。

また、資産運用を証券会社に丸ごと依頼することに不安を感じる人もいるようです。
実際に運用実績がマイナスになったときはどうするのか?
運用自体が複雑なケースが多いため、証券会社の説明に納得できないという人も出てきかねません。

いずれにしろ、ラップ口座を検討している人はじっくりと研究してみる必要がありそうです。

ラップ口座の資産運用実績は?

ラップ口座でやはり何といっても気になるのは運用実績です。

証券会社などは10数パーセントの利回りを目指しているようですが、実際は決算報告などをみると、3%程度のようです。

確かに、3%でも確実に利益が出るのなら、魅力的な金融商品と言えるでしょう。
しかし、元本割れするケースもありますし、その場合でも手数料は取られます。

また、儲けが出た場合は利益に応じた手数料を支払わなければならないので、注意が必要です。

ラップ口座はどんな人に向いている?

ラップ口座は資金はあるが、どこに投資していいかわからないという人には向いているかも知れません。

ただし、いくらプロに任せるといっても、プロも失敗することはあります。
そのため、手元の余裕のある資金で始めるのがいいでしょう。

資金的には、500万円くらいで始めることもできますが、1000万円単位、億単位のお金を準備する人が多いようです。


投資に関する最新ニュース