背中にきびの疑問解決

スポンサードリンク

背中にきびに悩む人は案外多いもの。そこで、背中にきびに関する予防から対策、治療法までを紹介します。

背中にきびの原因とは?

背中にきびができる原因はひとつだけではありません。

汗などが原因でできることもあれば、石けんやボディシャンプーが肌に合わずできることもあります。

なかでも代表的な原因と言われるのが、アクネ菌と呼ばれる菌の感染です。
このアクネ菌はにきびなどの原因とも言われています。
毛穴がつまり、皮膚が化膿し、背中にきびができるのです。

また、背中にきびや不規則な生活やストレスなどが原因でできることもあります。
その他、日焼けなども背中にきびの原因となるので、注意が必要です。

スポンサードリンク

背中にきびの症状の違い

背中にきびは初期段階では白っぽくそれほど目立ちません。
しかし、症状が進むと、しろい部分が黒っぽく変色します。
また、患部が赤く腫れ上がったり、化膿して黄色くなったりすることもあります。

悪化すると、にきびの跡が残ってしまいます。

そのため、背中にきびは早期発見・早期治療がとても大切です。

背中にきびの治療法

背中にきびを治療するにはいくつかの方法があります。

一番簡単なのは、薬局で買える市販の薬を塗るという方法です。

ビタミンC誘導体を塗り込むというやり方もあり、それなりの治療効果をあげているようです。

背中にきびが重症化した場合は皮膚科などで治療を受けることなります。
治療で最近よく行われるのがケミカルピーリングという施術法。
薬品によって古い角質を取り除き、新しい肌に生まれ変わらせるというものです。

他にも、レーザー治療なども行われています。

背中にきびの跡が残ったら?

背中にきびの跡が残った場合、まずは皮膚科に相談することをオススメします。
前述したピーリングなども効果的な方法のひとつと言われています。

最近エステサロンなどではにきび跡のケアを行っているようですが、症状によっては思ったほど効果が得られなかったという声もあるようです。

ただし、症状が軽く、背中をケアしたいという目的であれば、エステもいいでしょう。

背中にきびの予防

背中にきびに悩まないためには、日頃から予防することがとても大切です。

まず心がけたいのは自分の肌に合った石けんやシャンプーなどを見つけることです。
そして、タオルなども肌に良いものを選びましょう。

次に、大事なのは食生活です。
食事は肉などの脂分を採りすぎないで、野菜や海草類もしっかり摂りましょう。

他にも、ストレスを貯めないこと。睡眠時間を十分に取ることも忘れないで下さい。


美容に関する最新ニュース