少額短期保険知っておきたいこと

スポンサードリンク

少額短期保険って最近よく聞くけど、どういうものなのか?わからないという人のために初めてでもわかる少額短期保険の解説をします。

少額短期保険とは?

少額保険とは2006年4月から施行されているもので、短期間の少ない金額の保険のことを言います。これを引き受けるのが少額保険業者です。

そもそも少額短期保険制度ができたのは、無認可の共済組合が問題化したためです。
代表的なのが、社会事件にもなったオレンジ共済の破綻です。

これによって、契約者は被害を被りましたが、こうした共済組合の問題が年々顕在化してきたため、契約者を保護するために法律改正が行われたのです。

スポンサードリンク

代表的な少額短期保険商品

少額短期保険商品で代表的なのは、もしもの時に最低限の資金が欲しいという人のための死亡補償契約です。

たとえば、死亡保険金30万円のプランの場合、50歳で年間保険金はおよそ6000円。

30万円は少ないと思う人がいるかも知れませんが、病院や葬儀費用の支払いの一部に充てる目的で加入する人も少しずつ増えているようです。

高齢者の中には自分の死後できるだけ迷惑をかけたくないと考える人もいます。
なにより保険料が安いのが魅力と言えるでしょう。

少額短期保険業者の選び方

少額短期保険業者を選ぶ際には、保険法に基づいてきちんと届け出を出している業者を選ぶのが最低条件です。

かつて無認可の共済組合が行っていたような保険業務は現在行えませんので、仮にそうした勧誘が合った場合は明らかに法律違反となります。

加入を考えている人はきちんとした業者かどうかしっかりと調べてから検討して下さい。

少額短期保険の上手な利用法

少額短期保険は死亡補償以外にもいくつかの保険商品があります。

たとえば、ペット保険。
病気やケガの時の治療費や入院代も補償されます。
保険料も月2千円足らずから加入できますので、検討してみてはいかがでしょうか?

次に、オススメは家財道具の補償です。
火災や水害に遭ったときのために入っておくというのもいいでしょう。

他にも、葬儀費用専門の少額短期保険などもあるので、自分のライフプランに合わせて検討してみて下さい。

少額短期保険の仕事をするには?

少額短期保険は一般の保険の営業マンと同じように営業活動を行うことができます。

そのため、少額短期保険の募集人の試験なども行われています。
合格すれば、少額短期保険の募集活動を行えます。

ちなみに、試験は原則として毎月行われていて、受験料は5000円です。

興味のある人は調べてみてはいかがでしょうか?


保険に関する最新ニュース