中型運転免許

スポンサードリンク

2007年6月2日より新たに施行された中型運転免許。これまでの普通免許や大型免許とは何が違うの?新たに何がどう変わったの?そして、中型免許を取得するのメリットは?そんな中型運転免許に関する疑問を解決するための役立つ情報を紹介します!

中型運転免許とは?

中型運転免許って何?
すでに普通運転免許を所有している人には耳慣れない言葉だと思います。

中型運転免許は2007年6月2日より新たに施行されたものです。
従来は特殊自動車以外の四輪の自動車免許は大型免許と普通免許という区分だけでした。
しかし、近年、普通免許で運転できる4トントラックの交通事故が多発していることから新たに中型免許制度が設けられたのです。

従来は普通免許で5t車まで運転できましたが、新制度では積載量3t以上(6.5tまで)の車を運転する場合は中型運転免許が必要となります。

中型免許で運転できる車の乗車定員は大型車の範囲からマイクロバスの定員範囲にあたる11人以上29人以下となっています。

但し、新制度施行前に普通免許を取得した人はこれまで通り、積載量5t車まで運転できますが、運転できる中型自動車は乗車定員10名までのものに限られます。

スポンサードリンク

中型運転免許取得の条件

中型運転免許が取得できるのは20歳以上。
普通免許取得後2年以上。

受験費用は普通免許が3,400円に対し、中型免許は8,650円が必要です。

取得費用はおよそ25万円。

施行前に普通自動車免許を取得済みの者は、改正後は「中型車限定」の条件(積載量5t車、乗車定員10名まで)を付された中型免許を所持しているとみなされます。

ちなみに、中型限定解除免許を取得したい場合の費用はおよそ7万円。

中型限定解除免許が必要となる人は5t以上トラックなどを運転したい人となります。
5t以上トラックの運転は旧普通免許ではできないからです。旧普通免許で運転できるトラックは5t車までとなります。

中型運転免許取得のメリット

中型免許を取得すれば、様々な車を運転できるようになります。

例えば、旅客用のマイクロバスの場合、旧普通免許では乗車定員10名までに限られますが、中型免許であれば、11人以上29人以下のマイクロバスを運転することができます。

さらに、前述したように、3tを超えるトラックから6.5tトラックまで運転できるため、運送業の仕事などをするときには中型運転免許は必須と言ってもいいでしょう。

ちなみに、法律施行前の普通免許を持っている人は、法律施行後に免許証を更新すると、中型免許(免許条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」と表記)になります。

8tとは、車両総重量のことで、積載量は5tです。

中型運転免許制度で変わること、変わらないこと

法律施行前の普通免許、大型免許を持っている人は、運転できる車の範囲に変わりはありません。また、法律施行前の免許証を取り換える等の変更手続きは必要ありません。

そのため、5t車までしか運転しないという人はこれまでどおりで大丈夫です。

中型自動車免許取得者の免許証の表記は「中型」と記載されます。

ちなみに、中型自動車の反則金は大型自動車と同額となります。

中型運転免許の注意点

旧普通免許を持つ人は3tトラックまで運転できると言いましたが、注意しなければならないこともあります。

それは施行後に免許の取消しの処分を受けた場合です。
新たに普通免許を取得する場合は経過措置が適用されないため、「限定部分」に相当する中型自動車(いわゆる4トントラックなど)を運転することができません。

この場合は新たに中型免許を取得するか、大型免許を取得する必要があります。


運転免許に関する最新ニュース