中高年の転職再就職

スポンサードリンク

転職や再就職を目指す中高年のために求人情報の探し方から資格の生かし方、面接の受け方など、役立つ情報を紹介します。

中高年の転職・再就職の厳しい現状

中高年の転職や再就職は年々厳しさを増しています。
一番ネックとなるのは、採用する企業と就職を希望する人の条件のギャップです。
中高年の転職・再就職希望者が最も重要な条件としてあげるのは、給与です。
これに対し、求人企業側が重視するのは給与の問題より、その人物の扱いやすさです。

管理職などの経験を持つ人については採用担当者は慎重になるようです。
しかし、その人が持つキャリアや人脈は企業側も欲している訳ですから、双方の条件がマッチングすれば、予想以上のいい転職や再就職ができます。

スポンサードリンク

求人側が求める中高年の転職・再就職者

求人側はどんな中高年の転職・再就職者を求めているのでしょうか?
これは一言で言えます。ズバリ「即戦力」になる人材です。

採用企業側は当然会社に利益をもたらしてくれる求職者を望みます。
転職・再就職を希望する人は採用試験では、自分がその会社にどんな利益をもたらすことができるかをアピールすることがポイントとなります。

たとえば、営業の経験が豊富な人は「人脈」、技術畑の人は「ノウハウ」など、具体的に売り込むことが重要です。

転職・再就職に成功する中高年者とは?

中高年の転職・再就職は厳しい状況にありますが、成功する人というのはそれなりの活動をしているものです。

たとえば、履歴書一つとっても違います。市販の履歴書用紙などは使わず、独自の書式でレポート形式にしてまとめるといった工夫をします。

面接でも手ぶらで行くのではなく、これまでの仕事の実績を証明するものなどを持ち込んで具体的にアピールしたりします。

また、なかには社長に直談判するという猛者もいるようです。

中高年の転職・再就職はとにかく熱意が一番です。
人とは違う求職活動をすることが重要です。

転職・再就職に失敗する中高年者とは?

転職・再就職がうまくいかない中高年者には共通の特徴があります。
それは「自信のなさ」です。

自信のなさは面接で必ずでてきます。
たとえば、前の会社でリストラに遭った人は、ついつい弱気になります。
面接官もそういう聞かれたくない部分をつっこんでくるものです。

その結果、自信のなさを見抜かれ、不採用になる。
そして何度も不採用になると、ますます自信を失う。
このような悪循環に陥ってしまうのです。

中高年の転職・再就職活動は自分探し!

中高年の転職・再就職活動には不安がつきものです。

このまま仕事が見つからなかったらどうしよう?
早く再就職先を探さないと生活できない?

気持ちはわかりますが、焦りは禁物です。

転職・再就職活動を行う前に、自己分析する時間を持ちましょう。

自分の長所は?短所は?これまでの人生は?これからの人生は?
そんな「自分探し」の時間を作りましょう。

自分という人間をきちんと把握できれば、自信が生まれるものです。
そうすれば、面接などでもきちんと自己アピールできるようになります。


求人に関する最新ニュース